内窓の施工方法

電動ドライバーがあれば取付できます

内窓の標準的な取付方法についてご紹介します。フカシ枠が必要な場合や、窓枠の歪みがひどくなければ、簡単に設置ができます。必要な工具は電動ドライバーだけ。DIYが得意な方はチャレンジしてみてください。
※ガラスが重いので注意が必要です。

内窓の枠を取り付けます。

内窓の枠を、外窓の窓枠(木枠の部分)に固定します。内窓の枠の取付順は縦枠から行います。同梱されているネジを電動ドライバーを使い窓枠に固定します。手動のドライバーでは厳しいかとおもいます。内窓の枠には室内側と室外側がありますので注意してください。上下のレールはきつめなことが多いので反らせたりして入れます。また上下レールを先に取り付けると縦枠が入らなくなります。

窓枠の強度を確認してください

窓枠部分に内窓の重量がかかります。窓枠部分が不安定な場合、内窓が脱落する恐れがあります。窓枠に傷みや腐朽が無く、しっかり固定されていることを確認してください。 窓枠の強度に問題がある場合は、補強が必要となります。

建て付け調整を行います

障子と内窓の枠との間に隙間があったり、クレセント(錠部分)がうまく掛からない場合は、障子の戸車を調整します。 キャップの無い下の穴の部分にネジがあります。ドライバーで右にネジを回転させると戸車が上がり、左に回転させると戸車が下がる仕組みとなっています。 戸車を上下させることで、障子を上下させ、建付の調整やクレセントのかかり具合を調整します。

錠がかからない場合は

建て付け調整をしてもクレセント(錠)がうまくかからない場合は、クレセントの位置をずらします。まずはクレセントを掛ける受けのほうから。ドライバーでネジを緩めると左右に移動させることができます。クレセントが掛けやすい位置を見つけたらネジを締め固定してください。ネジ部分にカバーがある場合はカバーを外す必要があります。

クレセント側も調整することができます。上下にあるカバーを外すとネジがあるので緩めると位置をずらすことができます。掛けやすい位置でネジを固定してください。

内窓の調整がよくわからない場合は

エコ内窓ショップでは施工まで対応しています。概算見積から無料現地調査をご依頼ください。
今お買い得な内窓はこちら。

内窓プラマードU概算見積

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする