内窓の結露軽減効果

結露がダニやカビの原因に

冬に発生しやすい結露。窓のガラス面や窓まわりが濡れるだけでなく結露によってさまざまな影響があります。結露でカーテンや床などが濡れてそのままにしておくと、カビやダニの発生につながります。カビやダニはアトピーや喘息の原因にも。また建物自体の腐食や壁紙の剥がれにもつながります。

結露の原因は?

キッチンや浴室、人の呼吸などで室内で水蒸気が発生し、その水蒸気が逃げ場を失い冷やされると結露になります。窓は冬場、外気温により冷やされてしまうため、結露が発生しやすい場所に。また冬は寒いため換気をあまりしないことも結露の大きな原因です。

内窓で結露軽減

内窓を設置することで外窓と内窓の間に生まれる空気の層が障壁となり、外気温が伝わりにくくなります。そのため窓まわりが冷えにくくなり、結露が発生しにくくなる効果が期待できます。
※結露は室内の湿度や住環境により異なるため確実に結露が軽減する保証はできません。

結露対策に効果的なガラス

結露対策では、内窓のガラスは断熱性の高いものがおすすめ。特殊な金属膜を加工した複層ガラス、Low-E複層ガラスです。低いほど断熱性能が高いとされる熱貫流率は単板ガラスの半分程度。内窓の断熱性を高め結露を軽減させたい場合におすすめです。エコ内窓ショップでは更に断熱性能の高い『真空ガラス』を組み込むことも可能です。

結露対策はまず換気

内窓で窓を断熱しても、室内の水蒸気が多ければ結露は発生してしまいます。結露対策で有効なのはまず換気。換気で室内の水蒸気を減らすことが重要です。換気をすると冬は寒くなり、夏はせっかくの冷房が無駄になってしまいます。そこで室内の温度を逃さず換気できる熱交換換気システムを搭載したLIXILの『エアマイスター』がおすすめ。プラズマクラスター搭載で空気清浄器としても効果的です。既存の換気扇を外して設置できるので工事も簡単です。エコ内窓ショップでは地域限定でエアマイスターの工事も対応しています。

内窓で結露対策!

結露に効果的な断熱効果の高いLow-E複層ガラスの内窓格安販売!

内窓プラマードU概算見積

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする