内窓の断熱効果

窓から始める家の断熱

暑さ、寒さの原因はほとんど窓。熱の出入りが最も多い『窓』を断熱することで、お住まい全体の断熱性を効率よくアップさせることができます。内窓による窓の断熱は、壁や床、屋根の断熱工事に比べ手軽で、効果的。費用対効果の高い断熱対策です。

内窓の断熱効果

今ある窓の内側に内窓をプラスすることで窓の断熱性がアップ。その理由は窓と内窓の間に生まれる空気の層。間に空気を挟むことで、熱を伝えにくくすることができます。更に内窓のフレームは熱を伝えにくい樹脂や木でできています。樹脂は外窓でよく使用されているアルミに比べ熱伝導率は1000分の1。ガラスのみの交換する窓の断熱よりも窓全体を断熱することができます。

内窓で冬を快適に

窓を断熱すると実際の温度よりも体感温度が低くなってしまう底冷えを軽減できます。これはコールドドラフト現象とよばれ、窓辺で冷やされた空気が冷たい風となり室内の下層に流れ込むためです。内窓で窓を断熱すれば外気温の影響を受けにくくすることができ、底冷えの軽減につながります。また内窓の断熱効果により、室内の温度を外に逃がしにくくすることで暖房が利きやすくなります。

夏にもおすすめな内窓

断熱というと冬というイメージがありますが、内窓は夏にも効果的。窓の断熱効果を高めることで、冷房が効きやすくなります。内窓にLow-E複層ガラス遮熱タイプを組み込めば、日射熱を軽減し更に室内の温度を逃しにくくします。内窓で夏でも快適に過ごすことができます。Low-E複層ガラスはUVカット効果もあるので紫外線対策にもおすすめです。

断熱性能の優れた内窓は?

どのメーカーの内窓も断熱性能を示す等級は同じです。外窓がアルミサッシの場合、外窓と内窓のガラスが単板ガラス厚さ3㎜の場合はH-4等級、外窓、内窓ともに3㎜+空気層+3㎜の複層ガラスの場合はH-5等級となります。断熱性能を更にアップさせたい場合は、内窓のガラスにLow-E複層ガラスがおすすめです。また、エコ内窓ショップでは更に高い断熱性能のある真空ガラススペーシアを特注で組み込むこともできますのでご相談ください。

お手ごろな断熱効果の高い内窓

断熱効果の高いLow-E複層ガラスの内窓格安販売!概算見積はこちら。

内窓プラマードU概算見積

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする