内窓の防犯効果

内窓で防犯対策

内窓で窓を二重にすることで破壊に時間がかかり、窓からの侵入がしにくくなります。また内窓があることで視覚的に侵入しにくいイメージを与えることができます。そのため面格子などがつけられない、大きな窓の防犯対策としても内窓がおすすめです。

防犯に効果的な内窓

YKKAPの内窓『プラマードU』と旭硝子の内窓『まどまどstd』は防犯ガラスを使用したタイプの内窓が規格であります。そのため値段も抑えられるのでおすすめです。防犯ガラスはガラスとガラスの間に樹脂膜が挟み込んであり、割れにくいのが特長です。またほとんど飛散しないので割れても安全なガラスです。樹脂膜の厚さにより防犯の強度が異なり30mil、60mil、90milの3タイプから選べます。ドライバーによるこじ破りには30mil、小型バールによる打ち破りには60milがおすすめです。

防犯ガラスの特長

防犯ガラスは割れにくく、飛散しにくいだけでなく他にも効果があります。まず紫外線を99%カット。色褪せの原因にもなる紫外線対策に有効なガラスです。またガラスとガラスの間に樹脂膜を挟み込む構造は通常の防音ガラスと同じ構成です。そのため防音ガラスと同じ程度の防音効果があるといわれています。

内窓で防犯対策!

防犯ガラスの内窓格安販売!
概算見積はこちらから

内窓プラマードU概算見積

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする